FC2ブログ

    記事一覧

    ビットコインの暴落サイクル分析と今年最後の暴落タイミングについて

    BTC相場の急騰で暴落懸念が高まっている。
    6月、9月の暴落時の週足チャートを分析して改めて戦略を考えて見ることにした。

    ファンダメンタルズ的な違いはあるもののそれはダウ理論に沿ってチャートの中に織り込み済みと考える。

    6月暴落時のBTC/USD週足チャート、ファンダメンタルズは6/12にFOMCで利上げが決定。
    6/5(月)から11日まで上げ続けて12日から4日間急落し15日に底を打って反転上昇。
    しかし7/17まで週足ベースでは下落トレンドが続いた。
    下げ幅は最高値2997ドルから1835ドルの0.617とフィボナッチの0.618にほぼ一致。
    BTC2017-5.png

    9月暴落時のBTC/USD週足チャート、ファンダメンタルズは中国ショック。
    9/2(土)に4950ドルのピークから9/14(木)の3000ドルまで暴落。
    下げ幅は最高値の0.606と前回を上回った。
    BTC2017-9.png

    今回は前回の大暴落の約3ヶ月後
    12/17(日)にピークの19850ドルから本日20日まで下落が継続中。
    今朝に15700ドルで底を打ったように見えるが下げ幅は0.79と前回前々回より少ない。
    週足の本数で見てもまだ陰線は1本目である。
    したがって19850ドルに0.617を乗じて暴落の底値は12,247ドル138万円と予測
    12/20(水)の23:47時点で17060ドルであるからまだまだ下げトレンドは継続すると想定した。
    タイミングとしては下げ要因のファンダメンタルズが出るまで、押し目をつけながらじわじわ上がる可能性が高い。
    下げ要因のファンダがなく投機筋の仕掛けが入るとすると明日の早朝から25日の月曜日の間であろう。
    BTC2017-12.png

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ueharakazunori

    Author:ueharakazunori
    自称「世界を美味しく料理する革命家」
    1964年 東京都生まれ
    1987年 筑波大学第三学群基礎工学類卒業
    1987年 株式会社本田技術研究所入社
    1991年 不動産鑑定士試験合格
    1996 インターネットサービスプロバイダーA社を起業
    1997 ITシステム管理B社を起業
    1999 A社を売却
    1999 不良債権処理コンサルティングC社を起業
    2000 C社を売却
    2000 D社にて新規ネット販売事業立上げ 資金調達、ビジネスモデル特許取得
    2000 D社の持ち株と特許権売却
    2000 動画配信E社を起業
    2002 E社を売却
    2002 不動産金融コンサルティングF社を起業
    2003 レンタルオフィスG社を起業
    2005 F社を売却

    2007 オフィス用品レンタルH社を起業
    2007 企業研修事業I社を起業
    2010 不動産投資プロジェクトのためLLC(合同会社)J社を起業
    2011 東日本大震災復興支援のため一般社団法人Kを設立
    2012 H社をG社にて吸収合併
    2013 プロジェクト終了によりJを解散
    2013 シェアリングサービスL社を起業
    2014 オーガニック系飲食ビジネスを開始
    2014 Kを無償譲渡(保育園事業の受け皿として活用)
    2016 G社の二つの事業ブランドを売却
    2018 自然食品店「つどい屋」の再建に着手、頭が良くなる子ども食堂を開始
    2019より小規模なM&Aコンサルティング事業を開始予定