FC2ブログ

    記事一覧

    90日間で自分史上最高の自分を創り上げる方法(3/90)

    今回のテーマは「精神力とチャクラの相関関係」です。

    meditation-1384758_640.jpg


    1. そもそも精神力とは何か?

    いくら実力があっても精神力が弱いとここぞという時に力を発揮できません。

     発揮される力=実力✖️精神力

    オリンピックで金メダルの選手と銀メダルの選手とでは、スキル面では差はほとんどないと思います。最後に明暗を分けるのは精神力です。


    2.精神力の論理構造

    それではその精神力を鍛えるにはどうすれば良いのでしょうか?
    まず初めにその三次元構造について理解することが有効なのです。

    運動科学研究所の高岡英夫先生の理論によると精神力の構造は、静力・熱力・鋭力の3つの力の総和と表現されています。


    ○静力(下丹田 X軸):落ち着きと何があっても冷静でいられる精神力

    私はそれに古来からヨーガ行者が感知してきた7つのチャクラと、真言密教のムドラーやマントラで活性化するチャクラの位置、それとそれぞれに関連が深い如来や菩薩を総合的に結びつけて把握し、精神力強化に活用しています。

     1番のムーラーダーラチャクラ 不動明王
     2番のスヴァデイシュターナチャクラ 釈迦如来



    ○熱力(中丹田 Y軸): やる氣と闘志を作り出す精神力

     3番のマニプーラチャクラ 阿弥陀如来
     4番のアナーハタチャクラ 大日如来・金剛界



    ○鋭力(上丹田 Z軸):的確な判断や洞察をしたり合理的な解決策を見出したりするための針の穴を通すような鋭利な集中力を支える精神力

     5番のヴィシュッダチャクラ 阿閦如来
     6番のアージュニャーチャクラ 聖観世音菩薩
    7番のサハスラーラチャクラ 虚空蔵菩薩



    3.メンタルポジションをチェックする 
     
    メンタルポジションMP(Ω)=(X,Y,Z)

    精神力を鍛えるためのファーストステップは、自分や他人のメンタルポジションチェックを習慣化することです。
    これは静力、熱力、鋭力を10段階評価で査定し、その瞬間の値を三次元で表して立体的に自覚することです。

    瞑想開始時にもMPをチェックする習慣をつけると良いです。

    このあたりはゆるファスティング講座の中で詳しく解説しています。


    4.人格の論理構造(智情意)と精神三力の論理構造の相関関係

    日本古来から伝わる人格の3要素「智」「情」「意」も精神力と密接に関係しています。

    「智」=鋭力
    「情」=熱力
    「意」=静力



    5.エネルギーの貯蔵庫としての三丹田

    エネルギーは氣と表現されることも多いです。氣は三種類に分類できます。

    ・重性の氣 下丹田 地球の重力と臍下の一点
    ・熱性の氣 中丹田 地球のマグマと太陽
    ・天性の氣 上丹田 宇宙空間全体

    6.精神力強化呼吸法

    精神力を強化するためには呼吸法も有効です。別の記事で解説してみようと思います。


    1/90のテーマは「数秘術」、2/90のテーマは「瞑想能力」でした。

    「90日間で最高の自分」このテーマについてこれから3ヶ月間で90本の記事を投稿する予定です。
    前回の記事(2/90)「瞑想能力を高める」↓の続きです。
    http://ueharakazunori.jp/blog-entry-16.html


    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ueharakazunori

    Author:ueharakazunori
    自称「世界を美味しく料理する革命家」
    1964年 東京都生まれ
    1987年 筑波大学第三学群基礎工学類卒業
    1987年 株式会社本田技術研究所入社
    1991年 不動産鑑定士試験合格
    1996 インターネットサービスプロバイダーA社を起業
    1997 ITシステム管理B社を起業
    1999 A社を売却
    1999 不良債権処理コンサルティングC社を起業
    2000 C社を売却
    2000 D社にて新規ネット販売事業立上げ 資金調達、ビジネスモデル特許取得
    2000 D社の持ち株と特許権売却
    2000 動画配信E社を起業
    2002 E社を売却
    2002 不動産金融コンサルティングF社を起業
    2003 レンタルオフィスG社を起業
    2005 F社を売却

    2007 オフィス用品レンタルH社を起業
    2007 企業研修事業I社を起業
    2010 不動産投資プロジェクトのためLLC(合同会社)J社を起業
    2011 東日本大震災復興支援のため一般社団法人Kを設立
    2012 H社をG社にて吸収合併
    2013 プロジェクト終了によりJを解散
    2013 シェアリングサービスL社を起業
    2014 オーガニック系飲食ビジネスを開始
    2014 Kを無償譲渡(保育園事業の受け皿として活用)
    2016 G社の二つの事業ブランドを売却
    2018 自然食品店「つどい屋」の再建に着手、頭が良くなる子ども食堂を開始
    2019より小規模なM&Aコンサルティング事業を開始予定