FC2ブログ

    記事一覧

    アロハコインのホワイトペーパー紹介その2「森下 敬一医学博士」

    下記投稿の続編です。ぜひ併せてご一読ください。

    アロハコインのホワイトペーパー紹介その1「中村宇利博士」

    アロハコインのホワイトペーパー紹介その2「ウィリアム・A・ティラー博士」


    今回はアロハコインの運営母体となっている「ALOHA PEACE 財団」の顧問の森下敬一医学博士をご紹介いたします。


    森下敬一博士は日本の予防医学・自然医学界の第一人者であり「千島・森下学説」の徹底検証・実証をされたことで非常に有名な先生です。

    博士の「腸管造血説」や「経絡造血説」は医学界の常識を根底から変えてしまうとも言われてます。

    船瀬俊介氏の著書『STAP細胞の正体/「再生医療は幻想だ」復活!千島・森下学説』/花伝社刊
    によると下記の通り「不食で生きている人がいる医学的根拠」の一つとも言えそうです。

    『1970年代には、「細胞寄生説」が真実として認定されている。これは、それまで人体細胞の一部であると思われてきたミトコンドリアなどが、過去には別の微生物であり、それが人体の細胞内に侵入して寄生し共存して生き続けて来た、という驚愕事実である。これは、ダーウィンの進化論すら覆す現象というしかない。
     さらに、近年、不死の微小生命体が発見されている。それはソマチッドと命名され、試験管内では16段階に生態変化することも観察されている。
     森下敬一博士は、宇宙の生命エネルギーが経絡に吸収されるとこのソマチッドが次第に成育・増殖し、それが集合して淋巴球となり、次いで赤血球を構成し、赤血球が体細胞に変化する・・という「経絡造血説」を提唱している。まさに、細胞新生・・。だから不食、不飲で生きている人々が、現実に数多く存在すること
    もまったく不思議ではない。』


    森下敬一博士は、現在「ALOHA PEACE 財団」理事でハワイのジュジュべクリニック院長の亀井士門博士と共に「アロハ医学」の構築を行っているご縁で顧問に就任されたそうです。

    森下敬一博士の存在は、今後のランドオブアロハの発展において非常に重要な要素となるのではないかと個人的に直感しています。

    アロハコインのコアメンバーはもう本当に物凄い方々が世界中から結集されていて神懸かり的だと思います。

    (続きます)

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ueharakazunori

    Author:ueharakazunori
    自称「世界を美味しく料理する革命家」
    1964年 東京都生まれ
    1987年 筑波大学第三学群基礎工学類卒業
    1987年 株式会社本田技術研究所入社
    1991年 不動産鑑定士試験合格
    1996 インターネットサービスプロバイダーA社を起業
    1997 ITシステム管理B社を起業
    1999 A社を売却
    1999 不良債権処理コンサルティングC社を起業
    2000 C社を売却
    2000 D社にて新規ネット販売事業立上げ 資金調達、ビジネスモデル特許取得
    2000 D社の持ち株と特許権売却
    2000 動画配信E社を起業
    2002 E社を売却
    2002 不動産金融コンサルティングF社を起業
    2003 レンタルオフィスG社を起業
    2005 F社を売却

    2007 オフィス用品レンタルH社を起業
    2007 企業研修事業I社を起業
    2010 不動産投資プロジェクトのためLLC(合同会社)J社を起業
    2011 東日本大震災復興支援のため一般社団法人Kを設立
    2012 H社をG社にて吸収合併
    2013 プロジェクト終了によりJを解散
    2013 シェアリングサービスL社を起業
    2014 オーガニック系飲食ビジネスを開始
    2014 Kを無償譲渡(保育園事業の受け皿として活用)
    2016 G社の二つの事業ブランドを売却
    2018 自然食品店「つどい屋」の再建に着手、頭が良くなる子ども食堂を開始
    2019より小規模なM&Aコンサルティング事業を開始予定